労務問題

Labor Issues

労務問題を抱えている経営者の法律相談

このようなお悩みをお持ちではありませんか。

「パワハラ・セクハラを行った従業員がおり対応に困っている」
「勤務成績の著しくふるわない従業員を解雇したい」
「従業員から未払残業代を請求するという内容証明が届いた」
「労務問題に詳しい弁護士に依頼したい」

企業経営と労務問題は切っても切れない関係です。
会社は多くの人の集まりである以上、様々な価値観をもった人が所属し、所属する人の間でも様々な関係性が構築されることになります。その結果として、ある日突然、上記のような労務問題に直面することになります。
このような問題を放置することは、問題解決のために多額の解決金を支払うことになるという短期的な問題と、従業員全体のモチベーション低下や職場環境の悪化による業績低下という長期的な問題を引き起しかねません。
そこで、以下では企業が直面することの多い労務問題をピックアップしながら、どのように対処すべき、どうすれば問題を回避することができるかについて、労務問題の経験豊富な弁護士が解説しております。

① 経営者が知っておくべき最新の改正情報
② 問題社員対応
③ 解雇対応
④ 残業代労務管理
⑤ 労務問題における弁護士の選び方

各トピックをご覧いただくことで、現在自社で生じている問題をどのような方向性で解決すべきか、あるいは将来どのような紛争が起こる可能性があるかなどをシミュレーションすることが可能です。
もっとも、労務問題は、個別具体的な事情を勘案するという傾向が強い分野ですので、トピックをご覧になられたのみで、解決できないという事例も多々あろうかと存じます。
そのような際には、是非一度当事務所までご連絡ください。詳しいご事情を伺いながら適切なアドバイスをご提供させていただきます。

pegetop