事業承継

Business Succession

このようなお悩みをお持ちではありませんか。

「会社を自身の子どもに継がせたい」
「会社を信頼のおける従業員に承継させたい」
「他業種のM&Aにより多角経営に乗り出したい」

事業承継やM&Aの成功率を上げるためには、限られた時間の中で非常に多岐に渡る事項を広く、深く検討する必要があります。そして、検討すべき事項のそれぞれの分野において、弁護士、税理士、FAといった専門家の協力は不可欠です。簡易かつ拙速な事業承継・M&Aでは、将来的に当事者に不平不満を残すこととなり、紛争の火種となる可能性も往々にしてありえます。

しかしながら、事業を譲り渡す側にしろ、譲り受ける側にしろ、通常の業務に加えて、慣れない資料収集・内容確認や社内体制の整備、インタビューへの対応等を実施することは非常に重い負担となり、各専門家及び相手方とのコミュニケーションを十分に図ることができない結果、不十分な調査・契約内容のままでディールが成立したり、ディール自体が不成立となる可能性があります。このような事態を避けるために、ディール当事者においても、事業承継・M&Aにおける留意点や着目すべき点を抑えておくことは非常に重要です。

そこで、以下では、事業承継・M&Aにおいて知っておくべき知識や当事務所のスタンスについて、事業承継・M&Aの経験豊富な弁護士が解説しております。

① フォーカスクライドのスタンス
② 事業承継を行う上で経営者が知っておくべき知識

上記をご覧いただくことで、事業承継・M&Aに対する知識を深めることができ、実際のディールの全体像を俯瞰しながら、検討すべき事項を詰める作業に注力することが可能となります。

そして、我々、フォーカスクライドグループでは、ディールの初期の段階から弁護士・税理士・FA等の専門家が関与し、多角的検証を行ったうえで、皆様に最適のスキーム構築をご提案し、マッチングからクロージングまでトータルサポートさせていただきます。

事業承継・M&Aに少しでも興味をお持ちの方は、是非一度当事務所までご連絡ください。

pegetop