医療・クリニック経営法務

Medical Management

「手術内容に関してクレームがなされた」
「看護師から残業代を請求され労使紛争が生じた」
「ホームページに掲載していた医療広告について行政から指導を受けた」

医療法人・クリニックを経営することは、通常の株式会社の経営よりも多くの法的問題に直面することになります。

現場では日々医療行為が行われているため、医療行為の内容に関するクレーム対応や患者の個人情報の管理等、法律を意識した対応を迫られることは多くあります。

また、医療法人・クリニックの経営を行っていると、広告宣伝活動を行う場合には、医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)を遵守しなければならないという行政上の規制があります。また、医療法人・クリニックにて従業員を雇用すると、未払残業代の請求やパワハラ・セクハラといった労務問題が生じることもあり得ます。

さらには、医療法人・クリニックにおける経営陣が対立した場合、深刻な支配権に関する問題が生じます。

以上を踏まえ、当事務所は用意する医療機関・クリニックの経営法務に関するトピックを以下のとおり準備しています。

① 医療機関・クリニックの経営者が弁護士を選ぶポイント
② 医療機関・クリニックにおける労務問題(紛争段階編及び予防段階編)
③ 医療機関・クリニックにおけるクレーム問題
④ 医療機関・クリニックにおける広告・表現問題(虚偽広告、比較優良広告及び誇大広告、その他)
⑤ 医療機関・クリニックにおける情報管理問題
⑥ 医療機関・クリニックにおける支配権問題
⑦ 医療機関・クリニックトラブルに関する解決事例

各トピックをご覧いただくことで、医療機関・クリニックを経営する上でどのような法的問題点が生じるのかを認識いただけると思います。

そして、当該トピックにて、法的問題点に関して当事務所が行ってきた法的サポート等をご覧ください。また、現時点では法的トラブルが生じていなかったとしても、将来生じうる法的トラブルを予防するために必要と考える対策に関する法的サポート等についてもご覧ください。

pegetop