美容業において、約100万円の資材を無断で持ち出した(横領)事案をスピード解決した事例

相談企業の業種・規模

業種:ネイルサロン
規模: 10~100名
相談者:役員

相談経緯・依頼前の状況

従業員が勝手に資材を発注、自宅に配送させ、その他にも資材を自宅に持って帰っている疑惑が生じました。
その後、監視カメラや、不明確な領収書などが発見され、ご相談をいただきました。損害金額は、約100万円で、時期は未定でしたが当該従業員は、退職が決定している状態でした。

解決までの流れ

相談を受けた後、速やかに損害確定のための資料収集と横領の証拠となる証拠集めの準備を行いました。
証拠集めは、クライアント様にお願いし、弊所に提出していただき、弁護士にて精査の上、着々と準備を進めていました。
準備が整った段階で、弁護士同席のもと、当該従業員に対して収集した証拠をつきつけ、横領の事実を認めさせ、事前に作成していた合意書に署名をさせました。
そして、退職するまでの給料と相殺して、不足分については、合意書作成の当日に、弁護士とともに銀行にいき、その場で回収し、解決するに至りました。

解決のポイント

適切な証拠収集と弁護士が交渉の場にいることが解決の大きなポイントになりました。
証拠が不足してしまうと言い訳を許してしまい、逃げられる可能性がありました。
また、糾弾する場に弁護士がいない場合は話合いを先延ばしにされる可能性が高く、相手方に言い訳を許したり別の証拠を準備・捏造されるなどの時間を与える可能性がありましたが、弁護士の同席により、言い訳ができない状況を作ることで、合意書作成に止まらず金銭の回収まで即日で解決をすることができました。
また、即日合意退職し、給与と相殺することを内容とする合意書を作成することができたことについても、将来起こる可能があった労使紛争を予防する一助となりました。
弊所では、必要十分な証拠資料を迅速に集めた上で、可能な限りクライアントに有利となるよう損害額を算出することができ、従業員からの言い訳や反論を許さない形でのトラブル解決を図ることが可能です。

解決するまでに要した期間

3~4か月

関連記事はこちら

問題社員(モンスター社員)への対応にお困りの経営者様へ
従業員を解雇したい

pegetop