弁護士紹介

弁護士紹介

代表社員弁護士

佐藤 康行Yasuyuki Sato

(大阪オフィス、東京オフィス兼務)

1985年生まれ、兵庫県出身。
2008年に大阪大学法学部を首席で卒業。
その後、2010年に京都大学法科大学院を首席で修了した後、同年に司法試験に合格。
弁護士法人淀屋橋・山上合同での勤務を経て、2016年7月にフォーカスクライド法律事務所を開設、2018年1月に弁護士法人フォーカスクライドを設立しました。
企業法務を中心に弁護士活動を展開。
そのかたわら、法律家などを養成する「伊藤塾」にて専任講師を務め、司法試験合格者を数多く輩出しています。

(その他の経歴)

2018年7月  一般社団法人脳開コンサルタント協会 社外理事に就任。
2019年11月 パスラン株式会社 社外執行役員に就任。
2019年11月 大和財託株式会社 社外監査役に就任。

伊藤塾について

弁護士紹介

私が法律家を目指したわけとは…

  私が法律家を目指した理由は、中学時代にまで遡ります。私には温かい家族もいましたし、決して裕福ではなかったものの公立学校には通わせてもらえる環境でした。ただ、恥ずかしながら、中学2年生の私はいわゆる「不良」に憧れ、約1年間、「不良」とレッテルを貼られたメンバーと交友関係を持つようになりました。
  そのような生活を過ごしていたある日のこと、メンバーの1人が少年院から出所した翌日に、「また明日犯罪をして、少年院に入ってくる」と言ったのです。私たちメンバーは当然止めましたが、彼は「俺だってこんなことをしたくない。美容師になりたい。夢を追いかけたい。でも、そんなことより、明日の飯の方が心配や。少年院にいれば、明日の飯を心配することなく毎日3食の飯が出てきて、暖かい布団もある。職業訓練までしてくれる。こんな恵まれた環境はない」と言ったのです。


  私にとって彼の言葉は驚愕でした。みんな、不良に憧れて、こんな生活をしていると思っていたからです。それと同時に、「少年院は何をしているのだろう?」とふと疑問に思いました。少年院に入所している間は、いろいろと更正に向けて活動していても、少年院の外の世界、すなわち家庭環境や生活環境を改善しなければ意味がないからです。私は中学生ながら、「これってこのままでいいのかな?何とかしないといけないんじゃないのか?」と思いました。


  このような経験を経た後、私は大学の法学部で少年法の講義を受講した際、まさに少年院から出所した後も少年の家庭環境などの改善に注力している弁護士と出会い、ふとしたきっかけで興味を持ち始めていた法律と、中学2年生の時に抱いた「何とかしないといけないんじゃないのか?」という想いが強くリンクして、「1日でも早く弁護士になって、全ての子ども達が夢を追いかけられるスタートラインに立てるようにしてあげたい!」と思うようになりました。私にとって、これが弁護士の道への第一歩でした。
そして、弁護士になるための勉強を進める中で、私は憲法第13条と出会いました。国家を縛る「憲法」の中に、“個人の尊重”と“幸福追求権”が真正面から規定されていることを知り、生まれた環境等に関係なく、誰もが個人として尊重され、幸せを追求する人権をもっているということに感動し、何度も憲法第13条の内容をかみ締めたことを昨日のことのように覚えています。憲法を知った者の責任として、必ずこの憲法の価値を実現していかなければならないという強い使命感を持ち、日々の業務及びその他の様々な活動にあたっております。
  そして、これからも一生、この想いだけは忘れずに、弁護士として、また1人の人間として生きていきます。

執筆活動

執筆活動

  • Q&A会社のトラブル解決の手引き

    (新日本法規)
    【共著】

    Q&A会社のトラブル解決の手引き

  • 人事労務規程のポイント
    ~モデル条項とトラブル事例~

    (新日本法規)
    【共著】

    Q&A会社のトラブル解決の手引き

  • Q&A民事再生法の実務

    (新日本法規)
    【共著】

    Q&A会社のトラブル解決の手引き

弁護士紹介

弁護士(パートナー)

伊藤 良太Ryota Ito

(東京オフィス)

1984年生まれ、岐阜県出身
2007年に早稲田大学法学部を卒業。
その後、2010年に早稲田大学大学院法務研究科を修了し、同年に司法試験に合格(新第64期)。
ヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所にて、ベンチャー企業法務、契約・M&A・事業承継案件等に従事した後、 2015年に経済産業省中小企業庁事業環境部財務課に採用され(課長補佐)、下記の事業承継関連施策の立案・執行等を担当。
平成27年経営承継円滑化法改正 / 平成28年事業承継ガイドライン(案文執筆)
平成29年度税制改正(事業承継税制) / 事業承継補助金 / 事業承継ネットワーク構築事業
その後、2017年にベイス法律事務所を設立(第二東京弁護士会所属)。
2019年に弁護士法人フォーカスクライドにパートナー弁護士として加入

伊藤 良太

私が法律家を目指したわけとは…

  私は、何かドラマチックな経験から弁護士を志したわけではありません。


  両親から、手に職を付けるよう諭されたことや、ご近所に皆から尊敬される弁護士がいたこともあるでしょうが、町工場を経営する両親のもとで育ち、会社に就職して働くことのイメージが持てなかったことも影響したのでしょう。今思えば、野球部のキャプテンや生徒会長をするような天邪鬼な青年でしたので、弁護士という職業の持つ敷居の高さに、魅力を見出していたのだと思います。


  このように、志した理由自体は乏しいのですが、幸いなことに、その後の多くの経験を経て、そのぼんやりとした憧れは、明確な志となってゆきました。例えば、ロースクールの教授陣、特に実務家教員として招聘された弁護士たちの、弁護士業のやりがいを熱く語る表情。講演で聞いた、谷口太規弁護士の、「医師は流れる血を止めるが、弁護士は血が流れないようにする仕事」という言葉。奈良での修習中、指導担当だった高野嘉雄弁護士(故人)の、「更生に資する弁護」という信念に貫かれた圧倒的な弁護活動。


  私自身は、彼らのように確固たる信念を持つに至ってはいませんが、これまでの素晴らしい出会いが、今の私を形作っています。これからも、目の前のお客様や案件と丁寧に向き合い、将来の自分の姿を楽しみにしながら、歩んでゆきたいと思います。

執筆活動

執筆活動

  • ダイヤモンド社
    「ダイヤモンドセレクト」
    2017年11月号

    中小企業が半減の危機で国が乗り出す「承継」意識改革(コメント)

    ダイヤモンド社「ダイヤモンドセレクト」

  • 株式会社日税ビジネスサービス
    「日税ジャーナル」

    事業承継税制改正の要点~平成30年度与党税制改正大綱より~


    ダイヤモンド社「ダイヤモンドセレクト」

  • 公益社団法人日本税務研究センター
    「税研」vol.33

    「事業承継ガイドライン」策定の背景と概要 【共著】


    ダイヤモンド社「ダイヤモンドセレクト」

  • 経済法令研究会「銀行法務21」No811
    2017年3月号

    事業承継ガイドラインの概要と金融機関に期待される役割

    ダイヤモンド社「ダイヤモンドセレクト」

弁護士紹介

弁護士(パートナー)

金井 周一郎Shuichiro Kanai

(大阪オフィス)

1984年生まれ、兵庫県出身。
2003年姫路西高校を卒業し、2007年東北大学法学部を卒業。
2009年に大阪大学法科大学院を卒業し、2010年に司法試験に合格。
春名・田中・細川法律事務所での執務を経て、2019年7月に弁護士法人フォーカスクライドにパートナーとして加入。
主に保険金請求に関する事案を多数取り扱い、保険法分野を専門とする。

金井 周一郎

私が法律家を目指したわけとは…

  私は、中学生のとき、神戸で起きた児童連続殺傷事件の犯人が自分と1つしか年齢が変わらなかったことから、「なぜ、自分と1つしか年齢が変わらない少年が、このような犯行を行ったのだろうか。」という疑問が生じ、少年事件に関心を抱くこととなりました。


  そして、高校生のとき、弁護士である大平光代先生の「だから、あなたも生きぬいて」という本を読み、非常に感動するとともに、少年には環境要因が非常に重要であり、環境調整に関わることが出来る弁護士を目指そうと考えました。


  大学では、少年法のゼミにおいて、少年院、児童相談所等の訪問だけでなく、家庭裁判所の裁判官、検察官、少年事件を扱っている弁護士の方との面会、また、県警の方と協力した少年補導ボランティアへの参加という様々な経験が出来ました。


  そのような経験を経て、やはり、弁護士という仕事が、少年事件において最初から最後まで関わることが出来、やりがいのある仕事だと実感しました。


  現在、実際に少年事件をしていますが、少年は、様々な悩み、問題を抱えています。心掛けていることは、少年から、じっくりと話を聞いた上で、時には少年の親と、時には学校の先生と、時には少年の職場の方と、少年の更生のためにどのような環境を整えることが一番かを議論して考え、実際に環境調整を行うこととなります。


  私としては、少年に、自らのことを考え、心配してくれる大人がいることを、少しでも実感してくれれば嬉しいと思い、日々、行動しています。

弁護士紹介

弁護士(アソシエイト)

藏野 時光Tokimitsu Kurano

(大阪オフィス)

1991年生まれ、兵庫県出身。
2014年に大阪大学法学部を卒業。
その後、2016年に大阪大学法科大学院を首席で修了した後、同年に司法試験に合格。
2017年12月にフォーカスクライド法律事務所(現 弁護士法人フォーカスクライド)に入所しました。

弁護士紹介

私が法律家を目指したわけとは…

  私が法律家を目指した理由は、中学時代に見たとあるニュースにあります。
中学時代、私は、ニュースを見ながら家族と会話をすることが多かったこともあり、ニュースを通じて社会を知ることが好きでした。私は、将来、社会のルールを作る政治家になりたいと子供ながらに考えていました。


  私は、あるとき、青色発光ダイオード訴訟に関するニュースを見ました。そのニュースは、この訴訟について、会社が青色発光ダイオードに関する技術の発明者である従業員に対して支払った発明の対価が著しく低額であったことから提起された訴訟である旨説明していました。私は、このニュースを見て、「会社で働いて成果を出した者には、正当な対価が支払われなければならないのではないか」と思いました。
  私は、会社が正当な対価を支払うようになるためには何が必要なのかを調べました。そうすると、私は、会社が従業員に支払う対価に関して法律に規定があることに気が付きました。このとき、私は、法律を作る国会議員になり、より厚く従業員を保護する法律を作りたいと考えました。


  しかし、大学に進学し法律学を勉強する中で、私は、「良い法律を作るためには、まず法律を使いこなせなければならないのではないか」と考え始めていました。従業員を保護するためには、その一人一人と向き合い法律を使う必要があるのではないかと考えていたのです。
そのようなとき、ある講義を受講し、教員が「弁護士は、法律という道具を使い、想像力を働かせて依頼者の価値観を実現する存在である。」と言うのを聞きました。私は、この言葉を聞いて、弁護士こそが法律を使いこなし従業員を保護できる存在なのではないかと考えました。


  私は、弁護士になり法律を使いこなすことで、従業員が自らの働きに見合った正当な対価を得られるよう手助けしたいと考えるようになりました。その後、私は、この考えを一歩進め、企業に法的支援を行い経営者の価値観を実現すれば、企業の業務が円滑に遂行され、その企業に勤める従業員の待遇改善につながるのではないかと考えました。
このようにして、私は、企業の経営者に対して法的支援を行う弁護士になりたいと考えるようになりました。私にとって、これが弁護士の道への第一歩でした。

弁護士紹介

弁護士(アソシエイト)

小口正太郎Shotaro Oguchi

(東京オフィス)

1987年生まれ、長野県出身。2012年に上智大学法学部法律学科を卒業。その後、2016年に早稲田大学大学院法務研究科を修了し、2018年に司法試験に合格。2020年1月弁護士法人フォーカスクライドに入所しました。

弁護士紹介

私が法律家を目指したわけとは…

  私が、法律家を目指した理由は、中学、高校時代の経験にあります。私の実家は打ち上げ花火屋を営んでおり、中学、高校時代には実家の仕事の手伝いをしていました。そして、花火大会で汗だくになりながら花火を打ち上げ、観客の喜ぶ顔を見たり、観客の歓声、打ち上げ後の「ありがとう」という声を聴いた際に、私は、頑張って打ち上げの準備をして本当に良かったと心の底から思っていました。


  このように、私は、実家の家業を通じて、人に喜んでもらえることが自分にとっても喜びになるのだということを学びました。


  このような考えを持った後に、当時、フジテレビで放送されていた離婚弁護士というドラマの中で、弁護士が依頼者の利益のために戦っている姿や、依頼者が仕事の結果に喜び、「ありがとうございました」と言っている姿を見ました。このドラマから、私は、弁護士の仕事も「人に喜んでもらえることが自分にとっても喜びになる」という私の学びと通ずるものがあるのではないかと感じました。


  このようにして、私も依頼者に喜んでいただき、心からありがとうと言ってもらえるような仕事がしたいと考え、弁護士を志しました。


クリエイター

ビジネスイノベーター/経営者

七田 幸彌Koya Shichida

国立三重大学教育学部英語科卒業。
米国公認会計士を目指しイリノイ州立大学にて会計学専攻。
卒業後、グローバリズムと海外から観た日本、言語を学びたいという気持ちから、アメリカ、カナダ、オーストラリア、タイ、ベトナム、中国に合わせて約5年間留学。その間、留学費用のため、友人と衣料の輸入会社を立ち上げ、2年間で年商5億円に。
そして、また海外へを繰り返す。
帰国後、「2次会くん」を運営する中で、「誰もが結婚式を挙げられる世の中」を目指し「スマ婚」を設立。着想からサービス作り、マネジメントまでの全てを行う。同社では、社長として年商1億円台から60億円台までを約5年間にて達成。また、ウェディング関連事業の子会社や、地方創生、シルバー事業を行うため数社を立ち上げ、各社のプロジェクトリーダー兼、社長を兼任。
その後、渡米、ハワイに同社子会社を設立し運営。 現在はブライダルプロデュースの枠を飛び越え、「日本をイノベーション立国に!」を目標にInnovation Playground社を立ち上げ、同じ志のプロデューサーたちとともに、多くのイノベイティブなプロジェクトを立ち上げ牽引する。 最終的な夢は、教育学部出身ということもあり、世界に負けない日本人を創るための日本の教育改革と皆が好きなことをして食べるための働き方改革。

クリエイター

ビジネスイノベーター/経営者

清原 純平Jumpei Kiyohara

2000年、20歳の時、デザイン会社「Total Design Free Style」を設立しデザイナーの道を歩む。2011年、総合プロデュース会社「株式会社6W2H」を設立。
連動性のある仕組み作りをコンセプトに、企画・建築・グラフィック・WEB・プロダクト・フード・映画・音楽など、あらゆるクリエイティブを1社でまとめあげ、ワンストップの総合プロデュースを実現。
2015年、当時オリックスの宮内会長に功績を買われ5000万円の資本増資を頂く。
事業拡大を図り宮内会長の次男宮内修氏が代表取締役であるアイシーズ株式会社と合併し、新会社株式会社ASUKIを設立、代表取締役社長就任。現在、業界の枠を飛び越え各分野でプロデューサーとして活躍中。 その他、未来創造をテーマに京都大学大学院を始め様々な団体、企業で講義活動にも励む。
また、七田氏とともに、「日本をイノベーション立国に!」をビジョンにInnovation Playground社を立ち上げる。
【現在の取組み】 地域創生、まちおこし、企業再生を主として、コンセプトカフェやレストラン、スイーツ店などの飲食系から、リゾートホテル・大型ウエディング施設・海外の島などを総合的にプロデュース。

【 所属弁護士 】
大阪:3名 東京:2名
【 ビジネスイノベーター 】
2名
【 事務局 】
大阪:4名 東京:1名
【 客員弁護士 】
※調整中

pegetop