『経営者が知るべき人事労務 退職・独立問題対策』を開催させていただきます

2021.11.08

 

<以下のことをお考えの経営者の方はご参加ください!>

  • ・退職後の同業他社での競業を心配している
  • ・退職者による顧客への営業を止めさせたい
  • ・秘密情報の持ち出しを防ぐ方法が知りたい
  • ・他の従業員の引き抜きへの対策に苦しんでいる
  • ・会社の秘密情報を守るために日々行うべき管理方法を知りたい
  • ・退職に関する誓約書の実効力を高めたい

 

<講座内容>

使用者側の労務問題に強く、実績の豊富な弁護士が従業員の退職、独立の際に発生する問題への対策方法について解説いたします。

  • ・コロナ禍で人事労務問題が多発?!その理由とは?
  • ・適切な営業秘密管理をしなかった企業の結末とは?
  • ・秘密情報漏洩問題(退職・独立の際に秘密情報を持ち出す)
  • ・顧客奪取問題(退職者による顧客への営業)
  • ・従業員引抜問題(退職・独立の際に、従業員を引き抜く)
  • ・競業問題(退職・独立後の同業他社等での競業行為)
  • ・会社の秘密情報や個人情報の漏洩を防ぐ方法とは?
  • ・退職・独立の際の誓約書の実効力を高める方法とは?

 

<講師紹介>

弁護士法人フォーカスクライド 代表弁護士 佐藤康行

大阪大学法学部首席卒業。京都大学法科大学院首席修了後、同年司法試験に合格。弁護士法人淀屋橋・山上合同での勤務を経て、2016年にフォーカスクライド法律事務所を開設、2018年同事務所弁護士法人化。法律に留まらず、経営に関するアドバイスを含めた、顧問サービスが支持され、現在、100社以上の顧問先を持つ。

セミナーパンフレットはこちら

 

<参加料金>

無料

 

<日時>

12月14日(火) 16時~17時

 

<会場>

オンライン
※お申込みいただいた方には、改めてZoom参加用URLをご共有させていただきます。

 

<お申込み方法>

・勉強会のお申込みはこちら。

・又はQRコードを読み取りいただきWebページのお申込みフォームよりお申込みください。

pegetop