高級車の交通事故について

Column for Executive

1.はじめに

経営者の方の中には,外国車等の高級車に乗られている方もおられると思います。

日々の努力で購入された車両に対しては,当然,愛着があり,交通事故で傷つけられたときにはショックが大きいことは想像に難くありません。
特に,このような高級車に乗られている場合,交通事故に遭って,漫然と,修理費の支払いのみで解決していませんでしょうか?

2.車両の評価損とは

外国車等の高級車は,交通事故によって,車両価値の評価が下がったことを理由に,「評価損」という損害を請求する可能性がありますので,ご注意下さい。

評価損とは,「技術上の評価損」と「取引上の評価損」に分けられます。

「技術上の評価損」は,修理しても車の機能が低下するなど,完全には元通りに修復することができない場合を言います。すなわち,骨格部分の耐久性が下落した場合等,修理しても直らなかった部分,機能が低下した部分を評価損として請求する場合です。

「取引上の評価損」は,事故歴があるため,交換価値が低下する場合を言います。すなわち,修理して直ったが,中古車車両として売却する際に修復歴を記載する必要が生じたため,中古車市場で売却する,下取に出す際に買取価格が下落する場合の損害を請求する場合です。

3.評価損の認定基準

評価損の認定は,裁判例において,肯定例も否定例もあり判断が難しいものであり,保険会社も交渉段階において積極的に認めない傾向にあります。

裁判例は,評価損の算定について,

①修理の内容(車両の骨幹部分に及ぶか等)
②修理費の額,
③事故当時の被害車両の価格や特徴(高級車か,国産車か外国車か)
④初度登録からの年数
⑤走行距離
⑥車種など

様々な事情を総合的に評価して判断しています。

4.裁判例の検討

近時の裁判例では,以下のような裁判例が認められます。

東京地裁平成30年7月19日判決は,車種はメルセデスベンツE250,初度登録から3年6か月,走行距離2万3425kmの車両について,修理の10%を評価損として認めています。

大阪地裁平成29年10月12日判決は,車種はポルシェ・911カレラ,初度登録から4か月,走行距離は4982kmの車両について,修理費の20%を評価損として認めています。

東京地裁平成29年10月5日判決は,車種はベンツG550L,初度登録から4か月未満,走行距離は1971kmの車両について,修理費の30%相当である3万5000円を評価損として認めています。

5.当事務所でできること

以上のように,評価損の交渉を行う場合は,様々な事情を具体的に検討し,組み合わせながら,評価損を請求することで,評価損の交渉を有利に進めることが出来ます。
また,評価損については,裁判所における基準が明確に決まっているわけではない点に注目する必要があります。

当然,初度登録からの期間や走行距離が短い新しい車両で,かつ,修理金額が高い(損傷が大きい)車両の方が,評価損が認められやすいです。
しかし,上記裁判例でも認められているとおり,初度登録から相当程度期間が経過した車両や,修理金額が低い,比較的軽微な損傷の車両であっても,評価損を認めている裁判例は存在します。
このように,様々な裁判例の存在を認識し,理解しているか否かによって,評価損の交渉方法が変わってきます。

当事務所では,交通事故の案件も多数取り扱っており,評価損の相談及び交渉も多数取り扱っていることから,事故に遭われ,解決に疑問を持たれた場合は,一度,ご相談ください。

pegetop