顧問契約

企業にとっての真の顧問弁護士
何かあった時にスピーディに対応し(紛争法務)、かつ、クライアントが問題を認識する前に様々なリスクを予防し(予防法務)、
経営者様が常に安心して経営に専念することができる環境を整えることは,顧問弁護士にとって当然のことです。
これらは、「何かあった時」の「盾」としての「守り」の機能でしかありません。
しかし、本来、顧問弁護士とは「経営パートナー」でなくてはなりません。様々な事業展開を行うにあたって常に密に相談できる相手であり続け、
かつ、「矛」として「攻め」の機能を十分に発揮しなければなりません(いわゆる「戦略法務」)。
当法人は、常にこのことを意識し、企業にとっての真の顧問弁護士であり続けたいと思います。

顧問契約のメリット

顧問契約のメリット

顧問契約ポイント

POINT

紛争に対する迅速かつ適切な対応

日々の会社の状況を把握している顧問弁護士が存在すれば、万が一紛争に巻き込まれた際に、情報共有を直ちに行うことができ、迅速かつ適切な対応を取ることができます。

顧問契約ポイント

POINT

様々な法務リスクの事前予防

問題が起きてからでは取り返しのつかないことが多々あります。近年増えている未払残業代の問題も顕在化してから対処していては、倒産の危機に追い込まれることも少なくありません。企業の規模の大小にかかわらず、責任ある企業として法務リスクを事前に予防していくことは必須です。

顧問契約ポイント

POINT

対外的信用力の向上

顧問弁護士が存在するというだけで、企業の対外的な信用力は大きく向上します。特にクローバル展開に際して重要性はさらに増します。また、反社会的組織などから企業を守る上でも重要です。

当法人によるプラスワンの価値

顧問契約ポイント

POINT

成長戦略の構築

企業にとって成長し続けることは不可欠かつ永久の課題であり、これこそが社会に価値のあるサービスや製品等の提供や雇用の創出等につながり、一番の社会貢献でもあります。  当法人では,法律の専門家集団とクリエイターが一体となって、法律を駆使した「攻め」の成長戦略を構築し、企業の成長を全面的にサポートいたします。

pegetop