事務所紹介

理念

理念

  当法人の名称に冠した「フォーカスクライド」とは、「クライアント・デマンド(クライアントの本音や真のニーズ)に常にフォーカスする(焦点を合わせる)。」という意味です。
  クライアントは必ずしも本音を語るとは限りませんし、そもそもクライアント自身が本音に気づいていないことがありますので、弁護士が常にクライアントの目線で考え、行動し、クライアントの本音やニーズに焦点を合わせ続けなければ、真のリーガルサービスとはいえないと考えています。
  当法人は、この初心を忘れず、クライアントに最大の利益をもたらす弁護士法人として業務を遂行してまいります。

フォーカスクライドイメージはこちら

当弁護士法人の特色

当弁護士法人の特色

  当法人は“従来の弁護士の在り方”を変えていくため, 常に自由(Freedom)に新しいことに挑戦し(Charenge),クライアントの夢(Dream)の実現を全面的にサポートするチームです。
  従来の弁護士は「何かあった時だけの弁護士」であり,「盾」としての「守り」の機能しかありませんでした。 しかし,本来は,「経営パートナーとしての弁護士」であるべきであり,上記機能に加えて,「矛」としての「攻め」の機能を発揮すべきです。 なぜなら,法律は「してはならない」ことばかり規定しているように捉えられがちですが, 裏を返せば「してよい」ことを明確にし,クライアントの自由を保障するものでもあり,そのことを熟知しているのが弁護士だからです。 弁護士を上手く利用し,法律を駆使することにより,「何を」「どこまで」してよいのかが明確となり, 他の競合先とは異なる戦術・戦略を迅速に構築することが可能となります。
  また,当法人は,実績のある優秀なクリエイターと一体となって,法的観点のみならず,具体的な事業スキームを構築し,フルオーダーメイドで企業の成長戦略をご提案いたします。

“紛争法務”から“予防法務”,さらに一歩進んだ“成長戦略法務”へ

“紛争法務”から“予防法務”
さらに一歩進んだ“成長戦略法務”へ

  紛争法務とは,何か紛争が発生した場合に迅速に解決することを目的としたリーガルサービスをいいますが,紛争が発生してからでは,戦うための武器を整えることができないことが多く, 十分な権利保護を行うことが困難となる場合があります。また,仮に紛争に勝ったとしても,解決までに要する時間と費用は莫大なものとなり,企業の成長にとって弊害であることは間違いありません。

  そこで,コンプライアンスが重視される昨今においては,予防法務の重要性がさらに増しています。 予防法務とは,紛争が起きないようにするために事前にリスクヘッジを行うことを目的としたリーガルサービスをいいます。   しかし,予防法務は,企業の経営陣で時間と費用をかけて事業意思決定を行った後に,最後に依頼を受けることが多いという問題を孕んでいます。 つまり,事業意思決定後に法的な問題が発見されれば,最悪の場合,一から事業意思決定をやり直す必要が生じる場合があります。 これでは事業スピードが低下し,無駄な費用も発生してしまいます。また,企業内部のメンバーだけで議論すると,過去のしがらみ, 無意識のうちに前提としていた常識や商習慣などに縛られ,斬新なアイディアが出づらい環境にあることも多いです。

  そこで,事業意思決定を行う前のブレインストーミングの段階から,外部クリエイターを投入し,斬新なアイディア出しを行うとともに,初期段階から弁護士によるリーガルチェックを行い,企業が攻められる範囲を明確にしていくことで,事業効率が飛躍的に上がり,企業の成長に繋がります。
当法人は,以上のような,予防法務をさらに一歩進めた“成長戦略法務”をご提供しております。

「法務だけにとどまらないプラスαのワンストップサービス

「法務だけにとどまらないプラスα
のワンストップサービス

  弁護士や税理士、司法書士、社労士、中小企業診断士、土地家屋調査士などに加え、 ファイナンシャルプランナーや金融機関、政治関係などとのネットワークを構築。これを駆使して、 企業経営の各種問題に対して、法務にとどまらないプラスαのワンストップサービスをご提供いたします。
  また、各専門家等が個別に対応するのではなく、クライアントの問題に対して密に連携して取り組むことで、 単独では解決が困難な問題に対してもシナジーを十分発揮して、ご納得いただける回答をご用意いたします。

士業

グローバル経営の要請に応える国際法務ネットワーク

グローバル経営の要請に応える
国際法務ネットワーク

  日本企業の海外進出や海外企業との取り引きが広まる中で、現地法務のニーズが急増しています。 当法人では、現地事務所などとの海外ネットワークを活かし、債権の回収や相手先との紛争解決といった事案に機敏に対応いたします。
  また、変化の著しい現地の法制度に対して、最新の情報をもとに助言を行うなど、グローバル展開にともなう経営リスクの回避をサポートいたします。

  • c
  • c

プロボノ活動

CSR・CSV活動

社会貢献への取り組み

社会貢献への取り組み

(憲法の価値の実現)

誰もが夢・幸せを追い求められるスタートラインに立てる社会に   弁護士は「基本的人権を擁護し,社会正義を実現する」ことを使命としています。言い換えれば,弁護士にとって,基本的人権を定めた憲法の価値を実現することは使命であると考えています。
  中でも,当法人は,“個人の尊重”と“幸福追求権”を真正面から規定した下記憲法第13条の価値を実現することにフォーカスしております。

【憲法第13条】

  すべて国民は,個人として尊重される。生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利については,公共の福祉に反しない限り,立法その他の国政の上で,最大の尊重を必要とする。

「できるようになってから」ではなく「今できることから」実践していくという方針のもと,当法人は,共通の理念を持つ企業と共同して,いわゆる非行少年の更生をはじめ,児童養護施設の支援,障害者の就業支援などに努めています。   全ての人が「夢・幸せを追い求める」権利(人権)を持っています。生まれた環境などに関係なく,「誰もが夢・幸せを追い求められるスタートラインに立てるように」,それが当法人の切なる願いです。

  • SEKAI HOTEL

      当法人は,SEKAI HOTEL株式会社様の「SEKAI HOTEL」事業の活動理念に共感し,プロジェクトチームに参画させていただき,空家問題の解消,障害者の就労支援,海外の発展途上国向けの支援活動等を積極的に行っております。

    https://www.sekaihotel.jp/

  • 児童養護施設の支援

      児童養護施設の子どもにとって,施設を退所するまでの間に,施設の大人以外の大人と触れ合う機会を多く設けることが重要であると感じ,積極的に同施設の子どもと触れ合う時間を作るため,定期的に施設のグランドで一緒にサッカーをしたり,子どもたちと一緒に同施設内をDIYによって変えていくなどの活動を行っております。

  • 法律家養成の活動

      弁護士1人が生涯で関わることができる人数には限りがあります。そこで,同じような志を持つ法曹を1人でも多く養成したいという想いから,真の法律家を育成する「伊藤塾」の専任講師を務め,日々,法律家養成に尽力しております。

    https://www.itojuku.co.jp//

事務所概要

事務所概要

  • 弁護士法人フォーカスクライド
  • 代表社員弁護士 佐藤康行
  • 2016年7月1日 フォーカスクライド法律事務所 開設
    2018年1月5日 弁護士法人フォーカスクライド 設立
    2019年度中 東京オフィス 開設予定
  • 〒541-0044 大阪市中央区伏見町2丁目1番1号 三井住友銀行高麗橋ビル5階
  • TEL: 06-6210-5533 / FAX: 06-6210-5596
  • 受付時間: 平日10:00~18:00
  • URL: https://fcd-lawoffice.com/

アクセス

アクセス

電車でお越しになる場合

【北浜駅をご利用の場合】
 ・堺筋線 北浜駅
 ・京阪線 北浜駅 6番出口 徒歩1分

【淀屋橋駅をご利用の場合】
 ・御堂筋線 淀屋橋駅
 ・京阪線 淀屋橋駅 11番出口 徒歩6分

【地上に上がってからの経路】

 ※北浜駅6番出口を上がって右に曲がり、北浜食堂を右に曲がり、
そのまま直進、左手に平安堂が見えますので、その前が三井住友高麗橋ビルの正面玄関になります。

お車でお越しになる場合

【神戸方面から】
 ・中之島西インター出口
( 阪神3号 神戸線 )

【京都・東京方面から】
 ・森之宮インター出口
( 阪神13号 東大阪線 )

【和歌山方面から】
 ・阿波座インター出口
( 阪神16号 大阪港線 )

【環状線をご利用の場合】
 ・北浜インター出口
( 阪神1号 環状線 )

   

【駐車場】

 ※当ビルに駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

 ※近隣のコインパーキングは、収容台数が少なく、また、駐車料金に上限のないところが多いため、
他の交通機関をご利用いただくことをおすすめいたします。

     

pegetop